So-net無料ブログ作成

【DMM mobile】データSIMプラン業界最安
メンタルヘルス ブログトップ

強迫性神経症症状 [メンタルヘルス]

強迫神経症(強迫性障害) 症状



 


強迫観念や強迫行為の内容にはさまざまなものがありますが・・・






・敵意や衝動に関するもの:「誤って他人を傷つけたり殺してしまったりしやしないか」などの強迫観念

・不潔や汚れに関するもの:不潔恐怖の強迫観念、触ったあとに何度も手を洗うなど強迫行為(洗浄強迫)

・詮索癖(せんさくへき):些細なことの理由などをしつこく詮索し、時には質問してまわる

・疑惑癖:自分のしたことが完全だったかどうか、絶えず疑惑が生じ確認する(確認強迫)

・計算癖:物の数や回数が気になって、数えないと気がすまない など、重症の患者さんに多くみられます。
 



などなどの症状が分かりやすく、代表的な症状です!





強迫神経症の経過は一般に慢性で、青年期に発症してよくなったり悪くなったりしながら、年余にわたって続くのが普通です。





また、半数以上にうつ病が合併してくることも特徴で、そうなると患者さんの苦痛はより大きなものとなり、自殺の危険などへの注意も必要になってきます。




実は私も子供の頃既に、この症状が出ていたのです・・・・
トイレに行き、紙で拭くのですが




キレイになった気がしない(=o=;)
何度拭いても、綺麗になってない!!!!!!!!!!!!!!





こんなことでトイレに入るとそうですね。。。
30分は格闘していました(今思えば、強迫神経症の症状でしたね)






この場合は、先ず周りの人が気づいてあげないと本人が分からないことがあります。
ですからこそこの病気は皆が知る必要があると思うのです。
メンタルヘルス ブログトップ
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。